Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.12.04 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

風の吹くままに

第四話:双剣

 梅雨のときにたまに晴れるとうれしいものだ。

だが、今年の梅雨はサボり気味だ。

やたら晴れる。

「暑い〜・・・・・。」

すべての文字に濁点をつけたような声が、ぼろい宿”秋桜”の一番上の階の部屋から聞こえてきた。

そう、ここは亜樹の家で、宿屋を営んでいる。

ついこの間まで向かいに人気の宿屋があったばかりにまったく儲からなかった。

しかし、その向かいの宿屋は、この暑いとうめいている男、桜木遥斗によって悪事をあばかれたのですでに空き家になっている。

「遥斗、どうして”白梅”が脱税してるってわかったの?」

「え〜?なんとなく。」

「は・・・?」

聞き返すとこっちを向いてだるそうに寝転んでいたのを寝返りをうって反対側を向いて空気を抜いたような言い方でもう一度同じ返事をした。

「なんとなくって・・・・」

「それより亜樹、この部屋カビ臭い。」

「しょうがないでしょ、梅雨なんだし。気になるなら自分で何とかしなさいよ。」

「そうか、ここが人気ないのがわかった。客に対して掃除しろなんていう宿なんかそりゃ儲からないわ。」

「あんたもうここの居候でしょ?あと関西弁忘れてるわよ。」

「あ。」

そう言ってむくっと起き上がった。

「なぁ、俺以外泊まってる人おる?」

「・・・・いないわよ。悪かったわね。」

「・・・・ふぅん・・・。」

すると遥斗は立ち上がって刀を持った。

その刀はとても不思議な形をしていた。

両端に柄がる。

「へんな刀。それじゃあ切れないじゃない。それに服も派手だけど、刀も派手ねぇ。」

「あぁ、これか?これはなあ・・・」

そう言ってすぅっと刀を両端から抜いた。

「俺は双剣使いや。あ、これ誰にも言うなよ?」

「それは俺もか?」

声の主は那津だった。

「やぁ那津。忍みたいに気配隠して。怖いがな。」

「忍だからな。」

「あれ、亜樹も知ってたんか。」

「うん。だって私の忍としての師匠が那津だもん。」

一瞬の沈黙をおいて遥斗の叫び声があがった。

「え〜!!!!?この俺が何も気づかへんとは・・・。」

「素質がないからもう昔の話よ。」

「なるほど。」

「で、その派手な双剣で何するの?」

那津が少し興味を持っているようだ。

「へぇ、那津が興味を持つなんて珍しいわね。」

「この剣で金儲けしてたのさ。」

「何?」

「剣舞に近いかな。道とかで派手にやって儲けたんや。」

「へぇ〜」

亜樹の目がきらりと光った。



その頃江戸の別の場所

「もし、この間まで”白梅”で働いていましたか?」

声をかけられて振り返ると、美青年が笑っていた。

この笑顔に答えぬ女はいないだろう。

「は、はいっ。」

女は顔を真っ赤にして答えた。

「そこに赤髪の男いませんでしたか?」

「は、はい。」

「いつごろに?」

「事件の前日にいらっしゃいました。関西の言葉も使うので印象的だったのでよく覚えております。」

「名は?ご存知ですか?」

すると女は少し躊躇して言った

「あの・・・あなたは?」

「あぁ、これは失礼。私は梅宮と申します。探しているのは私の弟でして。」

「そうでございましたか。確か桜野という名でございました。」

「そうか、ありがとう。」

にこっと笑って去っていった。



「どうだった、梅宮よ。」

「桜野と名乗っていたようだ。だが関西弁だったらしいからはずれか・・・」

「いや、欺こうとしているだけだろう。」

「鶴岡、桜木は手ごわいぞ。」

鶴岡とは梅宮と話している中年の男だ。

「この俺の強さ、お前もよく知っているだろう。」

「あまり己の強さを過信するなよ。いつか身を滅ぼすぞ。」

先ほどの笑顔とは程遠い怖い顔をして鶴岡のごつごつしたたくましい背中をにらんだ。

「ふんっ」

鶴岡は鼻で笑って去っていった。

「・・・死ぬなよ・・・」

  • 2009.06.25 Thursday
  • 20:09

-

スポンサーサイト

  • 2016.12.04 Sunday
  • 20:09
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
双剣…?
  • afb
  • 2009/06/27 12:19 PM
双剣です。
  • もりっこ
  • 2009/06/27 2:52 PM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback